OFFICIAL BLOG

【卒業】

Wednesday, April 08, 2020 at 21:14

【卒業】

3月19日に先輩方が本学を卒業されました。

今年度は感染症拡大防止のため、卒業式が中止となりした。それに伴い私たちは卒業コンパを自粛し、個別の記念品贈呈、写真撮影の時間短縮をするなどして先輩方の卒業を見届けました。

先輩方、4年間の学生生活お疲れ様でした。新たな門出に際し、更なる飛躍と今後のご活躍をお祈り致します。改めまして、ご卒業おめでとうございます。

2020年 始動

Thursday, January 09, 2020 at 15:20

2020年度
新幹部、チーム目標、チームスローガンをご報告させていただきます。

チーム目標 [打倒関西]

チームスローガン [ALL IN]

主将 宮部昂希 #77

副将 有川亮汰 #20
   伊波恵汰 #72

主務 鬼木亜実

「主将挨拶」
明けましておめでとうございます。
2020年度主将を務めます宮部です。昨年度も多大なるご支援そして沢山のご声援ありがとうございました。今年のチーム目標は昨年に引き続き「打倒関西」です。当たり前の事ではありますが昨年までと同じ取り組みをしていては目標達成は到底成し得ません。昨年以上の取り組みを昨年以上の熱量で行い、新しいドルフィンズの形をもう一度1から確立する1年になります。今年のチームスローガンは”全てを賭ける”という意味の「All IN」です。スローガンのもと我々全員の生活や考え方までをもこのチームに捧げ、秋シーズン関西代表に”勝つべくして勝つチーム”を作り上げます。
昨年同様高い目標ではありますが部員一同、4回生そして幹部を中心に1年間精進して参りますので今年度も御支援ご声援の程宜しくお願い致します。

主将#77
宮部昂希

関西学院大学戦

Monday, November 25, 2019 at 16:23

今年1年、目標としてきた「打倒関西」
相手は去年日本一となった、強豪 関西学院大学。
ホームで迎えた西日本大会2回戦は、関西学院のキックで試合が開始した。最初に見せたのはディフェンス。関学がロングパスを放ったところをDB#1篠崎が必死にWRに食らい付きゴール前8yd地点でインターセプト。ビッグプレイでオフェンスにつなげる。しかし、オフェンスはなかなか点につなげられない。そんなオフェンスの背中を押すかのように、第1Q終盤、DL#51菅のQBサックに続き、DL#94麻生の豪快なパスラッシュ、そして、LB#20有川・#5百田の鋭いブリッツなどディフェンスが好プレー連発するなど、第1Qはディフェンスの活躍が光った。第2Qに入ると、立て続けに2TD取られるが、なかなか調子を見せられなかった西南オフェンスが、前半終盤でついに魅せた。テンポよくヤードを獲得し、QB#16伊藤が25yd程走りゴール前3ydまで持ちこむと、最後も自ら走りTD。K#9田中のキックも決まり7点が入った。前半終了残り1分でのこの7点は西南にとって後半への闘志をより奮い立たせるものであっただろう。

後半は、西南KCでスタート。関学にほとんどリターンさせず好スタートを切る。続く西南ディフェンスは、#74佐藤、#99内藤など、DL陣のプレッシャーでパス失敗に何度も追い込むが、G前7ydまで攻められてしまう。だが、ここで強いのが西南ディフェンス。これまで何度も見せてきたエンドゾーン付近での圧倒的な粘りで4downまで追い込み、TDを許さなかった。その後、関学にTDを取られるが、第3Q終了間際でこの二人がついに見せる。QB#16伊藤が、サイドライン近くを駆け上がるWR#15城代にロングパスを決め、そのまま城代が二人のディフェンスを引き寄せずTD。息のあった二人のプレイに会場全体が盛り上がりを見せた。「あと2TDで逆転!」チーム全体が勝つと信じて迎えた第4Q、西南ディフェンスがここでも関学にTDを許さずオフェンスへつなげる。すると、ディフェンスの想いを力に変えるかのようにQB#16伊藤がWR#15城代へのロングパスを再び決める。城代の自慢の足で関学を寄せ付けず、50ydを独走しTDを獲得した。この試合二度目の城代へのロングパス成功がチームの一体感を作る。「いける!いける!」多くの人がそう思った。だが、直後の関学オフェンス1プレイ目でTDを取られ、盛り上がった気持ちを崩される。しかし、吉野監督は前を向いていた。「時間を使われなかったからラッキーや!」そうみんなに言い聞かせベンチを率先して盛り上げる。そうして迎えた西南オフェンス、絶対ここでタッチダウンを取りたい。QB#16伊藤がフラフラになりながらも何度も自ら走り、ドライブに挑むが、得点には及ばず攻守交代。この時サイドで主将DB#13今村は「ゼロでオフェンスにつなげる。ゼロやぞ!ゼロやぞ!」とディフェンス陣に声をかけ続けていた。この言葉を受けた西南ディフェンスは、体力が消耗する中、攻守交代後一度もフレッシュさせずに関学をパントまで追い込む。そして、オフェンスがこれに答えた。なかなかパスが決まらなければ、QB#16伊藤が走りフレッシュ獲得。ディフェンスの気持ちと歓声を力に何度もドライブに挑戦し、ゴール前までせまると、最後はWR#80田中へのパスが決まり、みんなの想いをつなげたTDを獲得した。試合終了まで残り1分半、西南はオンサイドキックを選択。何度も練習したキックを主将今村がキャッチしたかと思ったが、わずかにはずれそのボールを関学に取られる。その後の関学オフェンスにジリジリとゴールまで進められると、最後はFGを決められ26-47で試合終了。終わってみれば20点差もあった。しかし、後半体力が減る中でも、西南は関学と同じ3TDを取っていた。日本一のチームに果敢に挑み、最後まで諦めない姿は、下級生にも観客にも勇気を与えた。気持ちの上でのup set(番狂わせ)は果たせただろう。